クラッシュ・バンディクー3 ブッとび!世界一周


gazouTAG index

今度のクラッシュはブッとんじゃってる!
縦横無尽に画面狭しと駆け回る「クラッシュ・バンディクー」シリーズ第3弾!!

今度の「クラッシュ」は通常のアクションに加え、多彩な乗り物を乗りこなして世界中を駆け巡る!虎や恐竜の子供、バイク、プロペラにジェットスキーなどで様々なステージで大活躍。新しい乗り物の追加や全ステージタイムアタックシステムの導入で通常のアクションゲームよりはるかに「爽快感」がアップして「ブッとび!」状態。これをやらなきゃクラッシュは語れない!!
TAG index

こんかいのおはなし

コルテックスからパワーストーンを守りきり、世界を救ったクラッシュ。タスマニアの我が家で、ココやアクアクたちと楽しく暮らしていました。
しかし、そんな平和な日々も長くは続きませんでした。 そうです、あくうんだけは強いコルッテクスは、またしても生きていたのです!!


世界征服の夢を捨てきれないコルテックスは、パワーストーンがクラッシュの手中におさまる前の時代にさかのぼろうと考えました。そして、ついに時空を超える方法を得たのです!かつて世界各国に散らばっていた頃のパワーストーンを求めて、コルテックスは今にも旅立とうとしています。このままパワーストーンを奪われたら、今までのクラッシュの活躍は水の泡。世界はコルテックスのものになりかねません!
 

と、そんなある日、突然タスマニアにとどろく不気味な笑い!コルテックスよりもさらにじゃあくなひびきを持ったその笑いに、アクアクは何かを察したようです
「クラッシュよ、また冒険の旅に出なくてはならないようじゃ!」クラッシュたちの時空を超えての世界の旅は、こうして始まりました。
ブッとべ クラッシュバンディクー!一気に世界一周だ!!(取扱い説明書より)
 



今作の特徴

今度の舞台は「地球まるごと」
サブタイトル「世界一周」からもわかる通り、今度は世界を舞台にクラッシュの冒険がはじまる!ステージとして登場するのは、中国の万里の長城、アメリカのハイウェイ、エジプトのピラミッドなどバラエティに富んださまざまな国を冒険することができる!さらに「タイム・ネジネジマシーン」を使うことで、恐竜たちの暮らすジュラ紀やファンタジックな中世ヨーロッパなどこれまでのクラッシュとは一風変わった世界も登場。さらに冒険を進めながらボスを倒すことで、新しいアクションも覚えることができ、冒険はますます楽しくなるはず!

レースやドッグファイトも楽しもう!
今度の冒険では、おなじみのジャンプやスピンアタックといったアクションを使用するステージのほかに、乗り物のバリエーションもさらに倍増!!アメリカではバイクに乗ってレースをしたり、ヨーロッパでは飛行機でドッグファイトを繰り広げたり、はたまた水上スキーでカリブ海の風を感じたりと、アクションの幅がますます広がっているぞ!すごいぞ「クラッシュ・バンディクー」、多彩なジャンルをこれ1本で楽しめるのだ!

ポケステ「どこでもクラッシュくん」も収録!
今作にはポケットステーションを使った連動コンテンツ「どこでもクラッシュくん」も収録。おなじみの音楽にあわせてボタンを押すリズムゲーム「どこでもダンシン」や、おおいわに追いかけられながらゴールを目指す「どこでもゴロゴロ」、ドットで描かれたイラストを完成させるパズルゲーム「どこでも8」というここだけでしか楽しめないゲームのほか、集めたイラストを見ることができる「どこでもアルバム」、冒険のアドバイスを聞くことのできる「どこでもアクアク」といったコンテンツが収録されている。「どこでもクラッシュくん」はポケットステーションなので、シリーズではじめて家の外にクラッシュを連れていけるということも嬉しいが、ドットで表現されたかわいらしいクラッシュたちも魅力的なのだ!さらに連動させることでゲーム本編にも変化があるとか…!?


ここスゴポイント

ハマる人続出のタイムアタック!
今作では、すべての通常ステージで一度ステージをクリアしたあと、もう一度ステージに入ることでタイムアタックを遊ぶことができる。タイムアタックでは、1から3の数字が描かれたタイムストップ箱が出現し、その箱を壊すと その数字の秒数だけ時間のカウントが停止する。タイムアタックには目標タイムが設定されていて、そのクリアタイムによってサファイアトロフィー、ゴールドトロフィー、プラチナトロフィーを入手することができる。 今作にはさまざまなやり込み要素があるが、なかでもこのタイムアタックは特にハマってしまう人が続出。最高ランクであるプラチナトロフィーを入手したあとでも、ある特定の条件で見ることのできる開発者記録に挑戦する人や、インターネット上で上手いプレイを共有したりと、さまざまな楽しみ方がされている。それもそのはず、このタイムアタックはただ時間内にゴールを目指すだけでなく、たとえば場所によってはタイムストップ箱を無視して進むほうがじつは速く進めたり、アクアクがいるステージでは 時間をロスしてでもアクアクを入手することで、後半のトラップをスキップできたりと、さまざまなテクニックで楽しむことができるのだ。 今作で登場したこのタイムアタックは、以降のシリーズでも定番要素として採用されていくが、それも納得できるほどに遊びごたえあるゲームモードなのだ!
 


新アクションでより遊びやすく
前作で大きく遊びやすくなったクラッシュシリーズだが、今作ではさらにその遊びやすさに磨きがかかっている!そのひとつとして注目なのが新アクション。今作ではボスを倒すごとに新しいパワーアップアクションをゲットすることができる。これは、ただクラッシュの能力が増えたこと以上に、より後半の難しいステージでも 上手く使いこなすことで、楽しく攻略することができるのだ!例えば、「ダブルジャンプ」は今までたどり着けない高さの場所に行くことができるが、一度目のジャンプで方向を間違えたりしたときにダブルジャンプを使えば方向を修正することもできる。また、「たつまきスピンアタック」は、大きな穴を飛び越えることもできるが、足場が小さいところに目指すときに細かい位置調整をすることにも便利!今作ではステージの手ごわさをうまくカバーする要素としてもこの新アクションに注目なのだ!
 


大注目のおもしろおまけムービー
前作に続いて今作でも日本限定の要素として、おまけムービーが収録されているぞ。タイトルメニューからはゲームの進行状況にあわせて、各キャラクターをテーマにしたおもしろムービーを見ることができる。バンディクーの悲しき運命を嘆く(?)「クラッシュのモテモテ・ロック」、クラッシュとココの仲の良さがよくわかるかもしれない「ココのマーメイド・レゲエ」、衝撃的な事実が明らかになる「アクアクのジャングル・エキゾチカ」、そして勇ましさにあふれた…「コルテックスの世界征服マーチ」。
さらに、ゲームをクリアすると明らかになる隠しコマンドでは、まるで小学校で見るような教育番組風に編集された「幻の珍獣!バンディクーを訪ねて 〜クラッシュくんオーストラリアへ行く〜」という実写ムービーを見ることもできる。そもそもこのゲームのタイトルになっているバンディクーっていったいどんな動物なのか、クラッシュくんが実際にオーストラリアへ会いに行くという内容。着ぐるみのクラッシュくんのかわいさにも注目。ゲームをクリアしたら忘れずにチェックしよう!
 



基本情報

PS / 1998年12月17日発売、 4,800円 (税別)
PlayStation the Best for Family / 廉価版 1999年10月14日発売、 2,800円 (税別)
PS one Books / 廉価版 2001年12月6日発売、 2,200円 (税別)
ゲームアーカイブス(PSP/PS3/VITA) / 2007年9月27日配信開始、 617円(税込)
※VITA版は2014年11月で配信終了

発売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント(Sony Computer Entertainment Inc.)
開発元:ノーティドッグ (Naughty Dog, Inc.)
日本版:SCE ジャパンスタジオ(SCE Japan Studio)

北米版タイトル "Crash Bandicoot : Warped"
欧州版タイトル "Crash Bandicoot 3: Warped"
ジャンル:アクション  プレイ人数:1人
レーティング:CERO A
PS版はPocketStation対応、VITA版はPocketStation for PlayStation Vita対応
推定販売本数:日本/150万4718本、世界/713万本
※ゲームアーカイブス版を除く



登場キャラクター



カメオ出演



トリビア

全般 / うらわざ / 世界観 / エピソード



そのほか

開発資料を見る



TAG index
TAG index


TAG index