クラッシュ・バンディクー2 コルテックスの逆襲!


gazouTAG index

あのクラッシュがグレイトになって帰ってきた!
「宇宙一のモテモテくん」を目指して、クラッシュは次なる冒険に旅立つ!大人気「クラッシュ・バンディクー」シリーズの第2弾!

バラエティに富んだ30以上のステージに、前作比10数倍にも及ぶ新しいアクション。そして、新しくなった「のりもの」の登場で、クラッシュも大満足!おまけに簡単セーブも可能!こんなにもグレイトになったクラッシュの大冒険がまたまた始まる!
TAG index

こんかいのおはなし

 
取扱説明書のストーリーを確認する

クラッシュとコルテックスの最後の一騎打ちに、とうとう 決着がつきました。あわれコルテックスは、飛行船の上から 落ちていきます。「やった〜い!」と喜ぶクラッシュ。やっと、タウナ と一緒に平和な日々が送れますね。ところが悪運の強いコルテックス は生きていたのです!コルテックスが落ちたのは、 地下の洞窟でした。 あたりを見ると、輝くピンクの宝石「パワーストーン」が目に 入りました。とても大きな力を秘めた「パワーストーン」。これさえ あれば、1度は失敗した世界征服の野望にも、再び手が届くのです。ああ、コルテックスはなんと運が強いんでしょう!

 
ここは、 オーストラリア南東は「タスマニア地方」の小島にある、 クラッシュの家。なにやら、女の子と特訓に励んでいるようす。 その女の子とは、クラッシュの妹、ココでした。ココは、 クラッシュと同じくバンディクーですが、脳みそキンニクな クラッシュとは違い、パソコンとネットワークに詳しい天才です。
恋人のタウナは、ピンストライプと仲良くなって都会へ行って しまったのです。ガックリしたクラッシュは「モテモテ・トレーニング」を始めたのですが……大丈夫でしょうか?


 
そして1年後。ここは、宇宙に浮かぶ「スペース・ ステーション」。コルテックスは、新しい参謀、エヌ・ジンと 悪だくみの相談をしてます。コルテックスは洗脳光線 「コルテックス・ヴォルテックス」を地球全体に浴びせ、地球上のすべての生き物をドレイにする……という、とんでもない 計画を進めています。
幸いなことに、まだ準備中のようですが。
ココに頼まれて、浜辺から家までバッテリーを取りに行く クラッシュ。……ところが、家に帰る途中には、リンゴやリンゴばこが落ちているではありませんか。「わー、リンゴ リンゴ」クラッシュが夢中でリンゴを拾っていると、突然 まばゆい光がクラッシュを包み込みました。
 
気がつくと、 クラッシュは周りに5つのドアがある、見たことも無いような 小さな部屋にいました。その中央に突然、立体映像が現れます。 かくして、コルテックスにダマされているとはいえ、 クラッシュの冒険がまた始まります。いまや特訓の甲斐あって、新しいアクションも身につけました。これなら、 どんな困難があろうとも、きっと解決できるハズ。 がんばれ クラッシュ、負けるなクラッシュ。目指せヒーロー、 モテモテくん!
(取扱い説明書より)


公式サイトのストーリーを確認する

クラッシュの大活躍で、コルテックスの世界征服の計画は大失敗に終わりました。一騎討ちで敗れ高い高い空から落ちていくコルテックス。クラッシュもタウナを救い出し、これでひと安心。
しかし、コルテックスはまだ生きていたのです!コルテックスが落ちた場所は、謎の洞窟。そこでコルテックスは、不思議なパワーを持つ『ビッグ・パワーストーン』を発見しました。コルテックスは美しいこのビッグ・パワーストーンを眺めながら、また悪巧みをめぐらせます。「そうだ、この力を使えば、タスマニア地区どころか一気に世界征服ができるではないか。はるか宇宙から、この石の力でパワーアップさせた『Cortex Vortex(洗脳光線)』を地球全体に浴びせて、地球に住む人間も動物も、全員わしのドレイにしてしまうのだ!どわははは!」
 コルテックスの野望は留まる所を知らず、何と今度は地球全体を洗脳しようと企んでしまったのでした!

 
一方こちらは、クラッシュの家。やっと、愛しのタウナと一緒に安心して暮らせる、と喜んでいたところ、なにやら置き手紙があります。
『クラッシュへ 私はピンストライプさんのいる都会へ行きます。 バイバーイ! タウナ』
なんとタウナは、囚われている間にピンストライプと仲良くなってしまい、シカゴに行ったピンストライプを追って、島を出てしまったのです。
 フラれてしまったクラッシュ、ガーン!あんなに木箱を壊してがんばったノニ!
 ココ「もー、お兄ちゃん、ダメなんだからっ!こうなったら特訓よ!あたしが、パソコンで特訓メニューを組んであげるわ。モテモテになって、タウナさんより、もっとカワイイ彼女を見つけてごらんなさいっ!」クラッシュの妹、ココが慰めます。ココはパソコンが得意なバンディクーの女の子。今はちょうどバカンスでタスマニアの孤島に帰省中ですが、ふだんは都会で現代的な生活を送っていてパソコンで世界中のネットワークにアクセスするのが大好きです。だから、脳みそも筋肉なクラッシュ君より、オツムのレベルはずーっとずーっと上なのです。
 そうか!モテモテ君になるぞー!クラッシュのモテモテトレーニングが始まりました!


 
時は流れて1年後。ここは、タスマニアのはるか上空、宇宙に浮かぶ『スペース・ステーション』の中です。機械に囲まれた部屋の中で、コルテックスが、新しい参謀のエヌ・ジンと怪しい相談をしています。エヌ・ジン「しかしコルテックス殿、君の持っている『ビッグ・パワーストーン』だけでは、地球全体を洗脳するのにはパワーが足りませぬな。タスマニア地方に散らばっている『パワーストーン』が沢山必要ですぞ。誰に集めさせるつもりですかな?」
 コルテックス「ちゃんと考えておるわい。バカなクラッシュをダマくらかして、すべてのパワーストーンを集めさせるつもりなのだ。うわははは」
クラッシュは、まんまとコルテックスの悪巧みにはまってしまいます。さらわれて、連れてこられた場所が『ワープルーム』。そこに突然コルテックスのホログラムが出現します。
 コルテックスの映像「手荒なマネをして申し訳ない。クラッシュ、キミに地球を救う手助けをしてほしいのだ!わしはキミに倒されてからこの1年、心を入れ替えて真面目に科学者として研究を続けていたのだよ。そして研究の最中に、地球の危機を知った……もうすぐ地球はコナゴナになってしまうのだ!これを防ぐには、『パワーストーン』の力が必要だ。どうかクラッシュ、パワーストーンを集めて、わしと一緒に地球を救ってくれ!」
 
 世界のヒーローになれるチャンス到来か?これに協力すればもれなくモテモテ生活が付いてきそう!こうしてクラッシュの冒険がまた始まります。いまやココによる特訓の甲斐あって、新しいアクションも身につけています。
 クラッシュ2では、クラッシュの妹や新たなるコルテックスの悪玉パートナー、強力且つコミカルな敵キャラが多数登場し、新たなるクラッシュ君の冒険をハード&ワイルドに盛り上げてくれます!がんばれクラッシュ!負けるなクラッシュ!…でも、それでいーのか!?
(クラッシュ・バンディクー2公式サイトより)



今作の特徴

魅力的な新アクションで冒険はさらに進化!
おなじみのアクションは今作で大きくパワーアップ!タウナにふられてハートブレイクしたクラッシュだが、それをバネに「モテるためならば」とココが作ったモテモテプログラムに基づいて数々のアクションを特訓したのだ! もちろんクラッシュシリーズのコンセプトである「みんなの味方シンプルコマンド」という部分は継承し、初心者でも従来の「ジャンプ」「スピンアタック」の2ボタンで大半のステージがクリアできるが、さらにアクションマニアなプレイヤーのためにアクションボタンで使えるアクションが多数登場!新アクション しゃがみ、ハイジャンプ、ロングジャンプ、ハイハイ、スライディング、ボディプレスによって、よりやりこみがいのある冒険に進化しているのだ!

親切システムで遊びやすさアップ!
>>>ワープルームで自由度アップ!
冒険の拠点は前作の ステージを順番に進む島から今作はワープルームに変更。ワープルームの中には各ステージに進める入口が5つ存在し、その中で自由にステージを選ぶことができる!つまりステージの番号通りでなくても、自分の好きなもしくはやりやすい順番でステージに挑戦できるようになっているのだ!タスマニアの環境をいかした様々なステージを垣間見て、アクション初心者でも挑戦意欲が搔き立てられるハズ! >>>セーブ機能がお手軽に!
ワープルームにはセーブスクリーンが存在し、その前にクラッシュを立たせることでいつでもセーブが可能!1ブロックで最大4ファイル分のセーブが可能で、データの上書きや消去、ロード、名前入力ができちゃう。セーブしたステージによって、アイコンのグラフィックも変化するのでデータの内容も分かりやすくて便利!もちろん、進行状況だけでなく、残機数や所持アイテム数もセーブされる。これで苦手なステージも残機アップやアイテムをゲットしてセーブをかけてから挑戦できるので、これまたアクション初心者にも嬉しいシステムなのだ!
>>>冒険のヒントが音声に!
前作でものアクアクは文字で冒険のヒントを教えてくれていたけど、今作ではゲームの爽快感を損なわず且つ分かりやすくするべく、音声によってヒントを話す様になったのだ!アクアクのメッセージの種類は2つに大別され、ステージに固定で設定されている攻略のためのメッセージと、プレイヤースキルの状況に応じて発生する、ゲーム全体のヒントとなるメッセージとが存在するぞ。どちらも攻略にとても役立つメッセージばかりなので、初心者からマニアまで、アクアクのメッセージだけは耳をかっぽじって聴こう!
>>>おたすけアクアク登場!
アクションゲームが苦手な人に朗報!同じミスを8回続けてしまうと、アクアクが助けに来てくれるのだ!見るに見かねて登場と言わんばかりのその時のアクアクのセリフも必聴!本邦初公開、アクアクの歌声も聴けるとか!?それ以外にもチェックポイントが増えたりと 初心者用お助けシステムが存在するので、ゲームで発見してみよう。また、このお助けシステムはプレイヤーにカスタマイズされるので小まめなセーブをしておくとお得なのだ!



ここスゴポイント

もっとコミカルでパワフルに!
クリア後のジャジャーンや大爆死など ゲーム自体には直接関係のない演出としての表情やモーションが豊かなことも人気のひとつ。今作では前作の比にならない程の表情やモーションが追加されていて、その量はデータ量的に前作の10倍をはるかに超えるボリューム!この演出としての各モーションは、クラッシュの心境や、ステージのシチュエーションをより色濃く表現し、プレイヤーの感情移入度も確実にアップ!前回でも大好評だったコミカルな「やられパターン」も、強力に増加。生きてるときも死ぬときも、いつも元気なクラッシュが、より生き生きとして画面狭しと駆け巡るのだ!
 


絶妙すぎるゲームバランス!
ステージは手ごわいが簡単な操作で攻略することができ、お助けシステムも豊富で初心者には優しい一方で、すべてのパーフェクトダイヤやカラーダイヤを入手するためには、新登場のアクションを使いこなして より難しいステージを攻略する必要がある。この絶妙なバランスから、今作こそがシリーズで最もちょうどよい難易度と遊びやすさになっているという意見も多いのだ。さらにクラッシュシリーズの生みの親であるマーク・サーニーさんや、日本版の育ての親とも呼ばれている鶴見六百プロデューサーは、今作こそがベストバランスで最高傑作とコメントしているよ!
 



基本情報

PS / 1997年12月18日発売、5,800円 (税別)
PlayStation the Best for Family / 廉価版 1998年10月8日発売、 2,800円 (税別)
PS one Books / 廉価版 2001年11月22日発売、 2,200円(税別)
ゲームアーカイブス(PSP/PS3/VITA) / 2007年8月30日配信開始、 617円 (税込)
※VITA版は2014年11月で配信終了

発売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント(Sony Computer Entertainment Inc.)
開発元:ノーティドッグ (Naughty Dog, Inc.)
日本版:SCE ジャパンスタジオ(SCE Japan Studio)

北米版、欧州版タイトル "Crash Bandicoot 2: Cortex Strikes Back"
ジャンル:アクション  プレイ人数:1人
レーティング:CERO A
推定販売本数:日本/109万4355本、世界/758万本
※ゲームアーカイブス版を除く



登場キャラクター



取扱説明書のみ出演



トリビア

全般 / うらわざ / 世界観 / エピソード



そのほか

開発資料を見る



TAG index
TAG index


TAG index